注目!腹持ち指数が高いポテトダイエット



ポテトと相乗効果のある食材

 

 

腹持ち指数の高いポテトでのダイエットは効果が期待できそうですが、最大の弱点は、単品ダイエットに近いので飽きがきやすいことで、これだけだと長期間続けるのは困難かもしれません。

 

 

そこで相性のいい食材を加えることで解決する必要があるわけです。まずお勧めは大豆です。大豆も腹持ちのいい食材ですが、それ以外にも、大豆たんぱくで筋肉や体を作る材料となります。

 

 

たんぱく質を構成するアミノ酸はアミノ酸ダイエットで知られる通り、脂肪の燃焼に効果があるとされています。必須アミノ酸の「BCAA」は体脂肪の燃焼を促進しますが、これを補う効率的な方法が大豆の摂取でもあります。

 

 

が有効といえます。体脂肪の蓄積を防ぐ作用は、大豆以外の豆類にもあります。黒大豆や緑豆のような豆類の食品で、こうした効果が期待できるのは、サポニンという物質のためです。

 

 

サポニンは、腸から吸収されたブドウ糖が脂肪に変わるのを抑制して、体脂肪代謝を促進する作用があるとされ、また、豆類の食品は非常に栄養価にも優れているので、その他にも動脈硬化を防ぐ成分なども含まれているので健康維持にも役立ちます。

 

 

野菜スティックも役に立ちます。朝食や夕食のレシピにもいいですが、食間に何かどうしても食べたくなった時のおやつとしてもいいでしょう。

 

 

動物性たんぱく質は魚料理で摂りましょう。特にカツオやマグロのような赤身の魚や鯖やいわしのような青身の魚にはヒスチジンが含まれています。これを摂取すれば、体内でヒスタミンと同様に食欲を抑える作用が期待できます。

 

 

また、ヒスチジンには体脂肪を減らす作用もあり、体内で分泌されれば満腹中枢に働きかけて食べすぎを防止するのにも役立ちます。こうした食材をポテトに加えれば、空腹感の少ないダイエットを続けることができるでしょう。